サブ

知っておくと便利!

一口に低金利カードローンと言っても、いくつかの消費者金融会社でカードローンの金利の違いを調べてみると、それぞれの消費者金融会社によって金利にかなり違いがありました。

消費者金融会社が扱う低金利カードローンより、銀行が扱う低金利カードローンの方が、低金利のカードローンだけで見た場合は、全般的に低金利で設定されているように思われます。
参考:http://cdl.net-tribe.jp/teikinri.html

とはいえ、審査や手続きに時間がかかるデメリットが銀行のカードローンにはあります。住宅ローンからカードローンまで、銀行の融資の場合には、貸し倒れを想定した貸し出しはしていないのです。

時間を掛けて、カードローンの利用者が確実にお金を返済してくれる相手なのかということを審査しています。銀行のカードローンは、審査を通らないということもよくあるようです。

審査内容が厳しくなっているからです。そして銀行の低金利カードローンの場合は、数日かかって実際にお金が手元に入ることになっています。しかし銀行に比べ審査も簡単で早く、実際にお金が手元に入るのも容易なのが消費者金融会社の低金利カードローンというものです。

たとえ低金利だとしても、消費者金融会社のカードローンは、銀行のカードローンと比較すると金利が高いのは仕方のないことです。簡単な審査を行っているのと同時に、利用者の信用度も低くなるというのが一般的な考え方です。

消費者金融の立場からすると、貸したお金を回収することができないかもしれないというリスクを背負っているのと、利用者の信用度が低いということはイコールなのです。

銀行の低金利カードローンより、いくら低金利カードローンをうたっても、金利がやや高くなってしまうようです。それは貸し倒れを防ぐためなのです。